田代まさしか清水健太郎か…ASKAが辿る人間廃業の地獄道

公開日:

「うまくいけば槇原敬之のように復帰できたのに、まったくバカなことをしたものです」と語るのは芸能評論家の肥留間正明氏である。

 一度ならず、である。歌手のASKA容疑者(58)が覚醒剤使用で再び逮捕された。今月25日に「盗聴されている」と自ら110番通報した揚げ句、支離滅裂な言動のため警察官から任意の尿検査を受けた結果、陽性反応が出たというから病膏肓に入るというしかない。

 ASKAは14年9月に覚醒剤使用の罪で懲役3年、執行猶予4年の判決を受けて執行猶予中の身。これから入手先を含めて厳しい取り調べが待ち構えている。

「入手先は東京ではなく、福岡ではないかと疑われています。最近はレコーディングで頻繁に訪れていて、地元だからシンパも多い」(事情通)

 本格的な活動再開に向けて始動したときに覚醒剤も再開とは呆れ果てるしかないが、天性の音楽センスを信じて支える仲間や家族をまたしても裏切ってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る