田代まさしか清水健太郎か…ASKAが辿る人間廃業の地獄道

公開日:

「うまくいけば槇原敬之のように復帰できたのに、まったくバカなことをしたものです」と語るのは芸能評論家の肥留間正明氏である。

 一度ならず、である。歌手のASKA容疑者(58)が覚醒剤使用で再び逮捕された。今月25日に「盗聴されている」と自ら110番通報した揚げ句、支離滅裂な言動のため警察官から任意の尿検査を受けた結果、陽性反応が出たというから病膏肓に入るというしかない。

 ASKAは14年9月に覚醒剤使用の罪で懲役3年、執行猶予4年の判決を受けて執行猶予中の身。これから入手先を含めて厳しい取り調べが待ち構えている。

「入手先は東京ではなく、福岡ではないかと疑われています。最近はレコーディングで頻繁に訪れていて、地元だからシンパも多い」(事情通)

 本格的な活動再開に向けて始動したときに覚醒剤も再開とは呆れ果てるしかないが、天性の音楽センスを信じて支える仲間や家族をまたしても裏切ってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る