ノンスタ井上当て逃げ 心配される相方・石田の“うつ再発”

公開日:

 お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介(36)の当て逃げ事故をめぐり、相方・石田明(36)の精神面を不安視する声がファンの間で広がっている。

 石田は2000年に井上とコンビを結成してデビューを果たしたが、その1年後、父親が多額の借金を抱えていたことや苦手なトーク番組に出演するプレッシャーなどから、うつ病を発症した経験がある。

 精神安定剤や抗うつ剤、睡眠薬を大量に服用していたことをテレビで明かしたほか、過呼吸の症状を併発していたことも公表。「吸うタイミングが分からず、いっぱい吸っちゃうんです」と、呼吸もままならない状態だったらしい。

 うつ闘病中は自宅のベランダに飛び降り自殺防止用のネットを張っていたともいう石田。20代後半になって体調は回復したものの、重症だった期間の記憶はすっぽり抜け落ちているそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る