ムード歌謡がヒット 歌手・南有二さんは今も現役で活動中

公開日: 更新日:

「胸にほくろの あるひとは 好きな男に だまされる~♪」――。大阪万博があった1970年。こんなムード歌謡が60万枚超の大ヒットを記録した。歌ったのは、5人組コーラスバンド「南有二とフルセイルズ」。メーンボーカルだった南さん(76)、今どうしているのか?

「おかげさまですごく元気でね。相変わらず現役で歌ってますよ。でも、しばらくテレビとは無縁だから、6年前の3月に青森から生中継したNHK歌謡コンサートに出演した時は、『まだやってるの? 死んだかと思ってた』なーんて言われてね。人を幽霊扱いするな、ってぇの。アハハハ」

 池袋駅東口の喫茶店で会った南有二さん、こう言うと明るく笑った。

 薄くなった頭髪や眉毛に白いものが目立つが、オリーブ色のジャケットを小粋に着こなし、さしずめ“オシャレなオジさん”といった雰囲気だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る