• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第4回>内弟子修業時代…落語と思ったら剣道の稽古だった

柳家小さん(C)日刊ゲンダイ

 柳亭市馬こと右藤泰幸は大分県豊後大野市の出身で、小学生のころから剣道部に入り、中学、高校と剣道一筋の青春時代を過ごした。

 懐メロと落語が好きな右藤青年は歌手でなく落語家を志願した。剣道部顧問の先生が柳家小さんの剣道の師、中野九段と知り合いだったこ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事