日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゲスから軌道修正 ベッキー復活の裏に“大物指南役”の存在

 2日、女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」新CM記者会見に登壇したベッキー(32)。東京で頑張りたい女の子の新しい一歩をサポートするという同社サービスをイメージし、かぼちゃの馬車に乗って登場すると「CMのお仕事がすごくうれしい」「すてきなCMなのでぜひロングバージョンで流してください!」と笑顔でコメント。今年になってからは“ゲス不倫”のミソギも済み、テレビのレギュラーも続々決まるなど仕事は絶好調だ。

 そんなベッキー復活劇の裏に「放送作家の鈴木おさむ(44)の存在があった」というのはさる芸能関係者だ。人気番組を数多く手掛ける鈴木は以前から、ベッキーと同じサンミュージック所属のカンニング竹山(45)と親交があり、竹山を介してベッキーに復帰指南をしていたというのだ。

「ゲス不倫発覚直後の会見は、質問をシャットアウトしたため、世間を敵に回す形になった。その後、鈴木のアドバイスに従って軌道修正。全てに答える会見を再度行い、テレビ局へのおわび行脚にも飛び回った。その成果が徐々に出て、LINEのCMやテレビレギュラーにつながったのです」(関係者)

 ベッキー完全復活は鈴木おさむサマサマだったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事