ゲスから軌道修正 ベッキー復活の裏に“大物指南役”の存在

公開日:

 2日、女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」新CM記者会見に登壇したベッキー(32)。東京で頑張りたい女の子の新しい一歩をサポートするという同社サービスをイメージし、かぼちゃの馬車に乗って登場すると「CMのお仕事がすごくうれしい」「すてきなCMなのでぜひロングバージョンで流してください!」と笑顔でコメント。今年になってからは“ゲス不倫”のミソギも済み、テレビのレギュラーも続々決まるなど仕事は絶好調だ。

 そんなベッキー復活劇の裏に「放送作家の鈴木おさむ(44)の存在があった」というのはさる芸能関係者だ。人気番組を数多く手掛ける鈴木は以前から、ベッキーと同じサンミュージック所属のカンニング竹山(45)と親交があり、竹山を介してベッキーに復帰指南をしていたというのだ。

「ゲス不倫発覚直後の会見は、質問をシャットアウトしたため、世間を敵に回す形になった。その後、鈴木のアドバイスに従って軌道修正。全てに答える会見を再度行い、テレビ局へのおわび行脚にも飛び回った。その成果が徐々に出て、LINEのCMやテレビレギュラーにつながったのです」(関係者)

 ベッキー完全復活は鈴木おさむサマサマだったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る