父鶴瓶にダメ出しされ 駿河太郎を変えた鈴木おさむの演出

公開日:  更新日:

 NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」やTBS系「半沢直樹」といった話題作に出演し、その後もドラマや舞台で活躍中の駿河太郎さん(38)。30歳の時にミュージシャンから俳優に軸足を置くようになったが、芝居の面白さを教えてくれたのが、放送作家で脚本家の鈴木おさむさん(44)だ。

  ◇  ◇  ◇

 鈴木おさむさんの舞台は以前から、好きでした。脚本と演出を担当された「芸人交換日記」(11年)、その後の「NGワードライフ」(11、12年)を見て、心をえぐる脚本を書く方という印象があり、いつか出たいと願っていました。

 そしてご縁があって初めて出させてもらったのが13年3月の「テレビのなみだ」。おさむさんのエッセー「テレビのなみだ~仕事に悩めるあなたへの77話~」が原作で、劇団ひとりさんが主演。僕はアシスタントディレクター役でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る