釈放後初のTV出演 ASKAが嘘偽りなく歌い上げた“福岡愛”

公開日:  更新日:

〈再出発は、ふるさと福岡から。願いは叶いました。〉

 14日早朝、自身のブログでテレビ生出演の告知を行ったASKA。テレビ西日本(福岡市、以下=TNC)制作のローカル情報番組「ももち浜ストア夕方版」(月~金曜、16時50分)でインタビューに応じ、新曲「FUKUOKA」も披露するという触れ込みだったが、何が起こるのか分からないのが「ナマ」である。ドタキャンはもとより、何を語るのか、ちゃんと歌えるのか――。ファンや視聴者が固唾をのんで見守る中、15日、ASKAはその姿を現した。

 やや緊張した面持ちだったものの、上下黒のスーツ姿に白のポケットチーフ。ネクタイの結び目はやや緩めのASKAスタイルだ。

 インタビュアーの山口喜久一郎アナウンサー(41)から覚醒剤を使用したきっかけについて聞かれると、「なかなか(放送)枠の中でしゃべるのは非常に難しいんですけどね」と前置きしつつ、「病院からさる薬、自称アンナカというヤツを処方していただいていて、その最中に冷たいヤツがあると声をかけられ、似たようなものだろうと思った。覚醒剤とは知らず、3週間ぐらい1時間おきぐらいに使い続けていた」と、相当量の服用があったことを告白。後悔も反省もあるとし、ずばり、再使用は?と切り込まれると、口元を軽く緩ませ「見たこともないですね」。そして、禁断症状も「全くない」と断言したのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る