芸能界にはびこる薬物汚染 ASKAは本当に“シロ”なのか?

公開日: 更新日:

 今年の芸能界はかつてないほど薬物事件の多い一年となった。

 まず2月に清原和博(49)が覚醒剤所持で逮捕。懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けたが、ここ数日は立て続けにメディアのインタビューに登場。留置場では「114番」と呼ばれていたことのほか、「『今日は使わなかった。明日も頑張ろう』の積み重ね」などと更生の苦労を語っている。

 6月には高知東生(52)が覚醒剤所持で逮捕。妻で女優の高島礼子(52)に「ばれるのが怖かった」そうで、逮捕されたラブホテルの部屋と愛人宅で計6グラム、200~300回分の覚醒剤が押収されたのも記憶に新しい。

 また、10月には元女優でナチュラリストの高樹沙耶(53)が大麻所持で逮捕。7月の参院選では大麻の合法性を訴えていたが、4人の男性との奇妙な共同生活などが異様に映った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る