芸能界にはびこる薬物汚染 ASKAは本当に“シロ”なのか?

公開日: 更新日:

 今年の芸能界はかつてないほど薬物事件の多い一年となった。

 まず2月に清原和博(49)が覚醒剤所持で逮捕。懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けたが、ここ数日は立て続けにメディアのインタビューに登場。留置場では「114番」と呼ばれていたことのほか、「『今日は使わなかった。明日も頑張ろう』の積み重ね」などと更生の苦労を語っている。

 6月には高知東生(52)が覚醒剤所持で逮捕。妻で女優の高島礼子(52)に「ばれるのが怖かった」そうで、逮捕されたラブホテルの部屋と愛人宅で計6グラム、200~300回分の覚醒剤が押収されたのも記憶に新しい。

 また、10月には元女優でナチュラリストの高樹沙耶(53)が大麻所持で逮捕。7月の参院選では大麻の合法性を訴えていたが、4人の男性との奇妙な共同生活などが異様に映った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る