• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

慰謝料ゼロの真相…小倉優子はシンママの星になれるか?

「よくここまで我慢した」「別れて正解」「まずは子育て優先で仕事も頑張って」といったコメントが相次いでいるのが、離婚が発覚したタレント小倉優子(33)。これからどんな道をたどるのか。

 元夫でカリスマ美容師として知られる菊池勲氏(46)は、小倉が第2子を妊娠中の昨年8月、小倉の後輩タレントとの不倫が報じられるなど、女グセの悪さは札付き。

「離婚は既定路線」と芸能リポーターの城下尊之氏はこう言うのだ。

「妻が妊娠中の浮気は駄目ですし、妻の後輩に手を出すのも駄目、不倫を妻に告白というのも駄目でしょう。そうやって損ねた信頼は戻りませんので、小倉さんは子育てが落ち着くか、もっと早いところで離婚を決断する。そして仕事復帰するとみられていましたからね。とくに驚きはありませんでした」

 この前夫は小倉について、「(料理の)本とか出してるクセに(飯が)マズいんだよ」と会員制キャバクラで暴言を連発していたというし、冒頭のような同情が寄せられているというのもうなずけるか。5年5カ月もの結婚生活にピリオドを打った小倉は、4歳の長男と4カ月になる次男の親権を持つシングルマザーとして再出発する。だが復帰して芸能界でのポジションはあるのかどうか。城下氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る