慰謝料ゼロの真相…小倉優子はシンママの星になれるか?

公開日:

「よくここまで我慢した」「別れて正解」「まずは子育て優先で仕事も頑張って」といったコメントが相次いでいるのが、離婚が発覚したタレント小倉優子(33)。これからどんな道をたどるのか。

 元夫でカリスマ美容師として知られる菊池勲氏(46)は、小倉が第2子を妊娠中の昨年8月、小倉の後輩タレントとの不倫が報じられるなど、女グセの悪さは札付き。

「離婚は既定路線」と芸能リポーターの城下尊之氏はこう言うのだ。

「妻が妊娠中の浮気は駄目ですし、妻の後輩に手を出すのも駄目、不倫を妻に告白というのも駄目でしょう。そうやって損ねた信頼は戻りませんので、小倉さんは子育てが落ち着くか、もっと早いところで離婚を決断する。そして仕事復帰するとみられていましたからね。とくに驚きはありませんでした」

 この前夫は小倉について、「(料理の)本とか出してるクセに(飯が)マズいんだよ」と会員制キャバクラで暴言を連発していたというし、冒頭のような同情が寄せられているというのもうなずけるか。5年5カ月もの結婚生活にピリオドを打った小倉は、4歳の長男と4カ月になる次男の親権を持つシングルマザーとして再出発する。だが復帰して芸能界でのポジションはあるのかどうか。城下氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る