• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ついにAKB48を卒業 小嶋陽菜に「オールヌード」期待の声

 AKB48の小嶋陽菜(28)が22日、国立代々木競技場第一体育館で開催された卒業コンサート「こじまつり」を最後にAKBを卒業した。

 絶対的エースだった前田敦子(25)、大島優子(28)も絶頂期に比べるとトーンダウン。美脚で同性人気の高かった篠田麻里子(30)も最近は女性ファッション誌で見かけなくなるなど、AKB卒業で勢いを失ったメンバーは多い。

 そんな中、「小嶋は別格」と言うのは作家でアイドル評論家の中森明夫氏だ。こう続ける。

「彼女の“エロさ”はアイドルのイメージを変えました。アイドルにとってタブーだったエロが『ヘビーローテーション』のこじはるのランジェリー姿で女性の共感に変わった。ファッションセンスもいいし、押しが強い方ではないけれど、11年もAKBを続けた芯の強さもある。男性だけでなく女性ファンを取り込んだ功績は大きいですね。全盛期の今、蜷川実花さんあたりが撮影してヌード写真集を出版したら、女性も見たいヌードになるはず。さらに人気が上がるのではないでしょうか」

 オタク層だけでなく、抜群の的中率を誇る競馬予想でオジサンの心もわし掴みのこじはる。オールヌードになるなら、今でしょ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

もっと見る