グループ乱立もブーム健在 アイドル市場の拡大が続くワケ

公開日: 更新日:

 アイドルグループ乱立でブームにかげりともいわれるが、オタクの情熱は冷めていない。

 矢野経済研究所が今夏実施した「オタク」市場に関する最新調査によると、アニメや漫画、プラモデルなど“オタク分野別”の1人当たりの年間消費額は軒並み上昇!

 中でもすごいのがアイドル市場で、年間消費額は1人約8万円だ。2位のメイド・コスプレ関連サービスの約3万7000円、3位のアニメの約3万円を抑え、ダントツなのだ。それもアイドル市場規模は昨年度1550億円と、前年度比で約31%も増えている。最近は自称アイドルが多すぎて顔も名前も分からないなんて人も結構いるだろうが、ブームはまったく終わっていない。

 アイドルオタクの30代男性はこう力説する。

「最近はAKB48だけではなく、地下アイドルグループがたくさんできています。かわいかったり性格がいいコを見つければ、複数のアイドルを応援してしまう。それだけお金もかかる。人によっては数十万円分のCDをポンと買いますが、オタクのほとんどは普通のサラリーマン。私も月の食費は1万円程度に抑えて、アイドルに5万円以上は使っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る