グループ乱立もブーム健在 アイドル市場の拡大が続くワケ

公開日:  更新日:

 アイドルグループ乱立でブームにかげりともいわれるが、オタクの情熱は冷めていない。

 矢野経済研究所が今夏実施した「オタク」市場に関する最新調査によると、アニメや漫画、プラモデルなど“オタク分野別”の1人当たりの年間消費額は軒並み上昇!

 中でもすごいのがアイドル市場で、年間消費額は1人約8万円だ。2位のメイド・コスプレ関連サービスの約3万7000円、3位のアニメの約3万円を抑え、ダントツなのだ。それもアイドル市場規模は昨年度1550億円と、前年度比で約31%も増えている。最近は自称アイドルが多すぎて顔も名前も分からないなんて人も結構いるだろうが、ブームはまったく終わっていない。

 アイドルオタクの30代男性はこう力説する。

「最近はAKB48だけではなく、地下アイドルグループがたくさんできています。かわいかったり性格がいいコを見つければ、複数のアイドルを応援してしまう。それだけお金もかかる。人によっては数十万円分のCDをポンと買いますが、オタクのほとんどは普通のサラリーマン。私も月の食費は1万円程度に抑えて、アイドルに5万円以上は使っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る