日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

グループ乱立もブーム健在 アイドル市場の拡大が続くワケ

 アイドルグループ乱立でブームにかげりともいわれるが、オタクの情熱は冷めていない。

 矢野経済研究所が今夏実施した「オタク」市場に関する最新調査によると、アニメや漫画、プラモデルなど“オタク分野別”の1人当たりの年間消費額は軒並み上昇!

 中でもすごいのがアイドル市場で、年間消費額は1人約8万円だ。2位のメイド・コスプレ関連サービスの約3万7000円、3位のアニメの約3万円を抑え、ダントツなのだ。それもアイドル市場規模は昨年度1550億円と、前年度比で約31%も増えている。最近は自称アイドルが多すぎて顔も名前も分からないなんて人も結構いるだろうが、ブームはまったく終わっていない。

 アイドルオタクの30代男性はこう力説する。

「最近はAKB48だけではなく、地下アイドルグループがたくさんできています。かわいかったり性格がいいコを見つければ、複数のアイドルを応援してしまう。それだけお金もかかる。人によっては数十万円分のCDをポンと買いますが、オタクのほとんどは普通のサラリーマン。私も月の食費は1万円程度に抑えて、アイドルに5万円以上は使っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事