グループ乱立もブーム健在 アイドル市場の拡大が続くワケ

公開日: 更新日:

 アイドルグループ乱立でブームにかげりともいわれるが、オタクの情熱は冷めていない。

 矢野経済研究所が今夏実施した「オタク」市場に関する最新調査によると、アニメや漫画、プラモデルなど“オタク分野別”の1人当たりの年間消費額は軒並み上昇!

 中でもすごいのがアイドル市場で、年間消費額は1人約8万円だ。2位のメイド・コスプレ関連サービスの約3万7000円、3位のアニメの約3万円を抑え、ダントツなのだ。それもアイドル市場規模は昨年度1550億円と、前年度比で約31%も増えている。最近は自称アイドルが多すぎて顔も名前も分からないなんて人も結構いるだろうが、ブームはまったく終わっていない。

 アイドルオタクの30代男性はこう力説する。

「最近はAKB48だけではなく、地下アイドルグループがたくさんできています。かわいかったり性格がいいコを見つければ、複数のアイドルを応援してしまう。それだけお金もかかる。人によっては数十万円分のCDをポンと買いますが、オタクのほとんどは普通のサラリーマン。私も月の食費は1万円程度に抑えて、アイドルに5万円以上は使っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  5. 5

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  6. 6

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  7. 7

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  8. 8

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  9. 9

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  10. 10

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

もっと見る