破天荒さ消えた海老蔵 十八番の「助六」から迫力も消えた

公開日: 更新日:

 まさに舞台にいるだけで、「助六を演じている」のではなく、「助六を生きている」ようだった。それは演劇のあるべき姿とは違っているのかもしれないが、それこそが近代演劇とは異なる次元で成立する、「傾奇者」として始まった歌舞伎の魅力だと思わせる。スター主義の演劇でなければ成り立たないものが、海老蔵の助六にはある。

 揚巻は女形の役者にとってのひとつの目標の役で、雀右衛門はようやくそれを射止めた。先代の雀右衛門は團十郎・海老蔵2代の揚巻をつとめたので、その継承も見どころ。だが、たまたま私が見た日(7日)がそうだっただけかもしれないが、海老蔵から破天荒さが消え、全体にテンションが低かった。

「助六」の前の「けいせい浜真砂」は、坂田藤十郎の舞台へ立ちたいという執念しかない恐ろしい芝居だったが、そういう迫力が「助六」の舞台からは感じられなかったのだ。それでも十分に楽しめるが、こんなもんじゃないだろうと思いながら歌舞伎座を出た。

 なお、別の日に行った知人は「すごい助六だった」と言っている。
(作家・中川右介)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  8. 8

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  9. 9

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る