破天荒さ消えた海老蔵 十八番の「助六」から迫力も消えた

公開日:

 まさに舞台にいるだけで、「助六を演じている」のではなく、「助六を生きている」ようだった。それは演劇のあるべき姿とは違っているのかもしれないが、それこそが近代演劇とは異なる次元で成立する、「傾奇者」として始まった歌舞伎の魅力だと思わせる。スター主義の演劇でなければ成り立たないものが、海老蔵の助六にはある。

 揚巻は女形の役者にとってのひとつの目標の役で、雀右衛門はようやくそれを射止めた。先代の雀右衛門は團十郎・海老蔵2代の揚巻をつとめたので、その継承も見どころ。だが、たまたま私が見た日(7日)がそうだっただけかもしれないが、海老蔵から破天荒さが消え、全体にテンションが低かった。

「助六」の前の「けいせい浜真砂」は、坂田藤十郎の舞台へ立ちたいという執念しかない恐ろしい芝居だったが、そういう迫力が「助六」の舞台からは感じられなかったのだ。それでも十分に楽しめるが、こんなもんじゃないだろうと思いながら歌舞伎座を出た。

 なお、別の日に行った知人は「すごい助六だった」と言っている。
(作家・中川右介)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る