• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

破天荒さ消えた海老蔵 十八番の「助六」から迫力も消えた

 まさに舞台にいるだけで、「助六を演じている」のではなく、「助六を生きている」ようだった。それは演劇のあるべき姿とは違っているのかもしれないが、それこそが近代演劇とは異なる次元で成立する、「傾奇者」として始まった歌舞伎の魅力だと思わせる。スター主義の演劇でなければ成り立たないものが、海老蔵の助六にはある。

 揚巻は女形の役者にとってのひとつの目標の役で、雀右衛門はようやくそれを射止めた。先代の雀右衛門は團十郎・海老蔵2代の揚巻をつとめたので、その継承も見どころ。だが、たまたま私が見た日(7日)がそうだっただけかもしれないが、海老蔵から破天荒さが消え、全体にテンションが低かった。

「助六」の前の「けいせい浜真砂」は、坂田藤十郎の舞台へ立ちたいという執念しかない恐ろしい芝居だったが、そういう迫力が「助六」の舞台からは感じられなかったのだ。それでも十分に楽しめるが、こんなもんじゃないだろうと思いながら歌舞伎座を出た。

 なお、別の日に行った知人は「すごい助六だった」と言っている。
(作家・中川右介)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る