破天荒さ消えた海老蔵 十八番の「助六」から迫力も消えた

公開日:

 市川海老蔵の「助六」が13年6月以来、4年ぶりに歌舞伎座に帰って来た。海老蔵が歌舞伎座に出るのも昨年7月以来だ。相手役の揚巻は、昨年襲名した中村雀右衛門が初役でつとめる。

 大概の劇評家は海老蔵が古典を演じると批判するのだが、それでも助六だけは認めていた。家の芸である歌舞伎十八番の中でも、あまりにも海老蔵に適役で、まさに助六を演じるために生まれてきたかのような圧倒的な華やかさが、芸が未熟だの発声がなってないだのという不満を跳ね飛ばすからだ。

 もともと「助六」は演劇としてドラマがあるものではない。脇役を含めた出演者全員の、演技力というより存在感が全てという演目だ。助六には、日本一の色男としての華やかさ、ケンカばかりしている不良少年としての荒っぽさ、そしてケンカをする理由を隠し持つ暗い影と、人に好かれるユーモアが求められ、海老蔵の助六には、そうしたものがすべてあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る