日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

石坂浩二がテレビの現状憂う 「シニア世代に響く番組を」

 春の大改編の目玉のひとつ、テレビ朝日が仕かける帯ドラマ劇場の第1弾「やすらぎの郷」(月~金曜、12時半~12時50分)が3日から放送。脚本家・倉本聰氏(82)がシニア世代に向けて執筆したオリジナル作品で、ターゲット以上にキャスティングも話題を呼んだ。倉本氏から企画段階の時点で直々にオファーを受けた主演の石坂浩二(75)。その時に交わしたというテレビに対する苦渋の思いを口にした。

「いまのテレビは昔と変わらず若者志向で作っているけれども、当の若者は皆、携帯電話のほうに興味がいっちまっている。そのことを制作側が気付いていない。いや、見て見ぬふりをしていると言った方が正確かもしれないが、そうではないだろうと。本当に見たいと思っている、テレビ草創期からご覧になっている方々の層に響く番組をつくりたい。65歳以上の人々が総人口の4分の1を占めているのに、その世代に向けた番組作りをおざなりにしたままでいいのか。昨年の夏、倉本先生から伺ったお話はこういった趣旨でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事