中居正広が生放送を提案 ジャニーズに決別表明との見方も

公開日:

 4月スタートの新番組や新企画が出揃うなか、元SMAP中居正広(44)の仕事ぶりに注目が集まっている。その筆頭が司会を務めるテレビ朝日系バラエティー「中居正広のミになる図書館」。深夜からゴールデンタイム枠へと昇格するが、24日放送の初回2時間スペシャルから生放送でやるとの決断だ。

「コンプライアンス重視の世相から、最近のテレビはちょっとした失言でもネットで叩かれたり、批判が寄せられる。だから司会も出演者も、当たり障りのないコメントに終始している傾向があるというのに、あえて逆風に立ち向かうというか、やり直しのきかない一発勝負の生放送を自ら提案したというのは凄い」と放送関係者も中居の挑戦に拍手を送る。

 先のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で侍ジャパン公認サポートキャプテンでの活躍といい、SMAP解散後の中居の仕事ぶりはたしかに際立っている。中居をよく知る芸能関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る