二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

司会業でSMAP中居のライバルに 「嵐」相葉雅紀の人気ぶり

公開日: 更新日:

 ニホンモニター(株)が行った今年のCM起用社数ランキングは男性部門で「嵐」の相葉雅紀(33)、女性部門で吉田羊(年齢非公表)がトップの座に就いた。

 2年連続となった相葉の好感度の高さはジャニーズの中でも群を抜いている。女性スキャンダルが後を絶たないジャニーズにあって、相葉はほとんどないこともあり、CM界は安心して使える。

 CM好感度が今年の「紅白」の司会者に起用された一因だろうが、相葉はジャニーズには珍しく年配女性人気が高い。「甘ったれたような声と話し方に癒やされる。理想の息子」という声も聞く。「紅白」を見る大半を占める中高年にとって安心して見ていられる司会者でもある。NHKのスポーツ番組の司会者としての貢献度もあると言われているが、違った見方もされている。

「嵐もそろそろ個人としての方向性を決める時期。相葉は司会者の道に進むのは確実。紅白の単独司会の経験のある“SMAP”の中居(正広)や“V6”の井ノ原(快彦)と同じ道をたどらせると思う。相葉にも紅白で“箔”を付けさせ、司会者として万全とする。独立が確実視されている中居と将来的にはライバルになるのでは」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る