日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

正月休み2週間で何が? 中居正広「入院騒動」のウラ側

「酒じゃないのか」とウワサされているのが、中居正広(44)の病状だ。1月中旬から1週間の入院が明らかになり、気管支炎と肺炎の併発というが、SMAP解散騒動と独立問題の心労などで酒びたりの年末年始を過ごし、それで倒れたという心配もあるからだ。

 中居は21日放送のラジオで「いやぁ、今までにないくらいお休みをもらいましたね」とし、2週間ちょっとの正月休みがあったことを告白。SMAP時代は長くても1週間だったのが倍になり、「どうしようかなって思った」と打ち明けている。

 それで1月2日から友人11人ぐらいと温泉旅行に行き、ゴルフに温泉、宴会を満喫。そのグループのまま、中居の自宅マンションに移ってステーキを食べに行ったりしたが、それ以外は「家から一歩も出なかった」と語った。女っ気もなく、つつましい引きこもり正月の印象だが、ワイドショー芸能デスクは「とんでもない」とこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事