ロケ地に災い次々 「ブラタモリの呪いか…」と視聴者騒然

公開日: 更新日:

 大分県別府市の遊園地「別府ラクテンチ」で4日に起こった消毒液の取り違え事故。複数の客の手や顔が赤くなるなどの被害が出たが、ニュースで一報が流れた7日以降、「ブラタモリのロケ地でまた……」とネットを中心に驚きの声が広がっている。

「ブラタモリ」は、タモリ(71)がロケ班を引き連れ全国の景勝地や都市を巡る紀行番組で、同遊園地は2月11日の別府市の回で紹介されたばかり。その矢先の事故となったが、同番組のロケ地はこれまでも放送後に天災や人災が起こり、“ブラタモリの呪い”なんて声まで飛び交っている。

 取りざたされている例をざっと紹介すると、2015年6月の「川越編」放送翌日に旧市街の一角で火災が発生し、木造建築物11棟が焼失。「博多編」が放送された翌16年11月にJR博多駅前で大規模な陥没事故。さらに、16年3月~4月の「熊本編」放送直後、4月14日に熊本地震が発生……といった具合だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る