シネマライズ元支配人が語る「渋谷ミニシアターブーム」

公開日: 更新日:

「毎回超満員、プログラムも売れに売れて印刷が間に合わない。デザインに凝った表紙だったけど、銀インクが乾ききらないまま並べる羽目になって、触ると指紋がついちゃったりしてね」

 ミニシアター全盛期の様子を懐かしげに話すのは、かつて渋谷文化の発信地といわれたシネマライズ(閉館)の元支配人、頼光裕氏だ。パンフ印刷が追い付かない大ブームとなった「トレインスポッティング」(96年、英)は33週ロングランの記録を打ち立てた。その20年ぶりの続編「T2 トレインスポッティング」が公開されて話題の中、渋谷のサブカル文化の栄枯盛衰を語ってもらった。

「『アメリ』(01年、仏)の初日なんかスペイン坂の下までお客さんが並んでね。当時は劇場側と配給会社が一丸となって盛り上げる空気があって、宣伝スタッフが行列を見て一緒に泣いていたよ。でも今では初日の数字がこれじゃダメ、なんてデータひとつで厳しく判断されてしまう。あの頃は、最後のいい時代だったんじゃないかな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    立憲と国民は児童会か 合流破談で完全に国民に見放される

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る