シネマライズ元支配人が語る「渋谷ミニシアターブーム」

公開日:

「毎回超満員、プログラムも売れに売れて印刷が間に合わない。デザインに凝った表紙だったけど、銀インクが乾ききらないまま並べる羽目になって、触ると指紋がついちゃったりしてね」

 ミニシアター全盛期の様子を懐かしげに話すのは、かつて渋谷文化の発信地といわれたシネマライズ(閉館)の元支配人、頼光裕氏だ。パンフ印刷が追い付かない大ブームとなった「トレインスポッティング」(96年、英)は33週ロングランの記録を打ち立てた。その20年ぶりの続編「T2 トレインスポッティング」が公開されて話題の中、渋谷のサブカル文化の栄枯盛衰を語ってもらった。

「『アメリ』(01年、仏)の初日なんかスペイン坂の下までお客さんが並んでね。当時は劇場側と配給会社が一丸となって盛り上げる空気があって、宣伝スタッフが行列を見て一緒に泣いていたよ。でも今では初日の数字がこれじゃダメ、なんてデータひとつで厳しく判断されてしまう。あの頃は、最後のいい時代だったんじゃないかな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る