シネマライズ元支配人が語る「渋谷ミニシアターブーム」

公開日:

「毎回超満員、プログラムも売れに売れて印刷が間に合わない。デザインに凝った表紙だったけど、銀インクが乾ききらないまま並べる羽目になって、触ると指紋がついちゃったりしてね」

 ミニシアター全盛期の様子を懐かしげに話すのは、かつて渋谷文化の発信地といわれたシネマライズ(閉館)の元支配人、頼光裕氏だ。パンフ印刷が追い付かない大ブームとなった「トレインスポッティング」(96年、英)は33週ロングランの記録を打ち立てた。その20年ぶりの続編「T2 トレインスポッティング」が公開されて話題の中、渋谷のサブカル文化の栄枯盛衰を語ってもらった。

「『アメリ』(01年、仏)の初日なんかスペイン坂の下までお客さんが並んでね。当時は劇場側と配給会社が一丸となって盛り上げる空気があって、宣伝スタッフが行列を見て一緒に泣いていたよ。でも今では初日の数字がこれじゃダメ、なんてデータひとつで厳しく判断されてしまう。あの頃は、最後のいい時代だったんじゃないかな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る