食事1回で米3合 スペル・デルフィンは貧乏でも30kg増量

公開日: 更新日:

 覆面レスラーとして活躍した後も、市議会議員を務めながらリングに上がり続けるスペル・デルフィンさん(49)。苦労したのはプロレスラーになる前らしく……。

 今は痩せてるプロレスラーもいるけど、僕が10代の頃は“デカくなければプロレスラーになれない”って時代。最低でも80キロなきゃいけない。僕は高校レスリングで49キロ級だったから、デビューするまでが大変でした。「プロレスラーになれるわけないやんか」と、みんなに言われましたよ。

 事実、新日本、全日本などいろんな団体を受けても身長と体重で落とされました。ある団体では入団テストを受けてスクワット1000回以上をクリアしても「95キロになったら来い」と言われたり。

 高卒でプロレスラーになるつもりで大阪から上京して“どうしたらプロレスラーになれるだろう?”と悩んだ末、プロレスのマスクやタイツを作ってる会社に入りました。プロレス界にコネができて横入りできるんじゃないかと考えて(笑い)。仕事はタイガーマスクとかのマスクの模様をカットしたり。上達したらミシンを使えるけど、僕は使わせてもらえなくて。職人の仕事なんです。そこの時給が450円。「その金額はないやろ!」と思いましたけど(笑い)。月に7万円くらいかな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る