• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

食事1回で米3合 スペル・デルフィンは貧乏でも30kg増量

 覆面レスラーとして活躍した後も、市議会議員を務めながらリングに上がり続けるスペル・デルフィンさん(49)。苦労したのはプロレスラーになる前らしく……。

 今は痩せてるプロレスラーもいるけど、僕が10代の頃は“デカくなければプロレスラーになれない”って時代。最低でも80キロなきゃいけない。僕は高校レスリングで49キロ級だったから、デビューするまでが大変でした。「プロレスラーになれるわけないやんか」と、みんなに言われましたよ。

 事実、新日本、全日本などいろんな団体を受けても身長と体重で落とされました。ある団体では入団テストを受けてスクワット1000回以上をクリアしても「95キロになったら来い」と言われたり。

 高卒でプロレスラーになるつもりで大阪から上京して“どうしたらプロレスラーになれるだろう?”と悩んだ末、プロレスのマスクやタイツを作ってる会社に入りました。プロレス界にコネができて横入りできるんじゃないかと考えて(笑い)。仕事はタイガーマスクとかのマスクの模様をカットしたり。上達したらミシンを使えるけど、僕は使わせてもらえなくて。職人の仕事なんです。そこの時給が450円。「その金額はないやろ!」と思いましたけど(笑い)。月に7万円くらいかな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る