修正液で爪白く 浜田ブリトニーが語る“黒ギャル貧乏時代”

公開日:  更新日:

「ホームレスギャル漫画家」のキャッチフレーズでコミック界にデビューしたのは10年前。渋谷を徘徊する“ギャル”の生態をギャル目線で描いた作品で一躍有名になった浜田ブリトニーさん。初めて語る、ホームレスになった理由とその実生活とは……。

  ◇  ◇  ◇

 私、18歳で家出をしてそれからの約8年は住所不定で、泊まるところを転々とするホームレスだったんです。家出の日は絶対、忘れません。だって、高校3年の4月7日、私の誕生日だったんですもん。この日、私は退学届を出して自宅のある千葉市から東京・錦糸町へ。18歳になり、晴れて寮付きのキャバクラで働けるようになったためです。

 キャバ嬢になった理由は、家がとんでもなく貧乏で、私が稼がないと両親の生活がままならなかったから。父は広告関係の会社を経営していたけど、長引く不景気で慢性的な赤字状態。母は病弱で働ける状態ではなく、10歳ほど年上の兄は両親とうまくいってなくて家に寄り付かず、生活費はあてにできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る