• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

修正液で爪白く 浜田ブリトニーが語る“黒ギャル貧乏時代”

「ホームレスギャル漫画家」のキャッチフレーズでコミック界にデビューしたのは10年前。渋谷を徘徊する“ギャル”の生態をギャル目線で描いた作品で一躍有名になった浜田ブリトニーさん。初めて語る、ホームレスになった理由とその実生活とは……。

  ◇  ◇  ◇

 私、18歳で家出をしてそれからの約8年は住所不定で、泊まるところを転々とするホームレスだったんです。家出の日は絶対、忘れません。だって、高校3年の4月7日、私の誕生日だったんですもん。この日、私は退学届を出して自宅のある千葉市から東京・錦糸町へ。18歳になり、晴れて寮付きのキャバクラで働けるようになったためです。

 キャバ嬢になった理由は、家がとんでもなく貧乏で、私が稼がないと両親の生活がままならなかったから。父は広告関係の会社を経営していたけど、長引く不景気で慢性的な赤字状態。母は病弱で働ける状態ではなく、10歳ほど年上の兄は両親とうまくいってなくて家に寄り付かず、生活費はあてにできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る