現役感漂う風吹ジュン “奇跡の65歳”のナチュラルな色気

公開日:

 今月12日の誕生日に緑寿を迎えた女優、風吹ジュンが女盛りを迎えている。ドラマに映画に、その存在感をいかんなく発揮しているのだ。

 今期ドラマの中で話題を独占している「やすらぎの郷」(平日12時半~、テレビ朝日系)では、石坂浩二(75)演じる主人公の妻役として出演。物語の要を担い、遺影写真としてもたびたび登場する20代の若かりし頃のグラビア写真がこれまた秀逸だ。

 車の上にビキニ姿で横たわり、カメラ目線でアンニュイな表情を見せるワンショット。視聴者の目をくぎ付けにするその写真は、70~90年代に人気を博した男性誌「GORO」(小学館)に掲載されたグラビアカットで、「倉本聰先生の記憶をもとに制作陣が探してきた一枚。いわば、先生ご推奨の若かりし風吹さんの一枚です」(テレ朝制作担当者)。

 年を取り、老いた姿も活写している。18日の放送回では、中年となった風吹が真正面から顔を窓ガラスに押し付け、鼻も頬も潰れた状態で「私ってキレイ?」と夫に問いただす怪演ぶりを披露していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る