• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2世タレント華子 「多岐川」なしで再出発の裏に母の存在

 多岐川裕美(66)の長女でタレントの華子(28)がテレビのバラエティー番組で週3日、不動産会社の事務として朝10時から夕方6時まで働いていたことを明かして話題だ。

 裕福に育ち、「世間知らずのお嬢さま」として知られていたが、故・松方弘樹さんを父に持つタレント仁科克基と結婚するも2年足らずで離婚。そうした経験もあって、「母に頼ることなく、一人の大人として仕事を始めよう」と一念発起。380円のチャーハンをランチにしている姿などがオンエアされた。

「改心したところをアピールして、仕事につなげたいのでしょう」と、業界通の放送作家がこう言う。

「華子はもともとサンミュージックに所属していたのですが、2016年に小栗旬や綾野剛らのいるトライストーン・エンタテイメントへ移籍。多岐川裕美の名前に頼らず、ゼロからの再スタートとして、芸名を多岐川華子から今の華子に変えたんです。とはいえ、トライストーンは多岐川裕美がいろいろあって、先に移籍していることで知られています。華子はそうした母のツテで同じ事務所に所属しているんです。母娘そろっての再スタートというのが正確かもしれません」

 独立や移籍で苦労しているのは、SMAPだけじゃないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る