2世タレント華子 「多岐川」なしで再出発の裏に母の存在

公開日:

 多岐川裕美(66)の長女でタレントの華子(28)がテレビのバラエティー番組で週3日、不動産会社の事務として朝10時から夕方6時まで働いていたことを明かして話題だ。

 裕福に育ち、「世間知らずのお嬢さま」として知られていたが、故・松方弘樹さんを父に持つタレント仁科克基と結婚するも2年足らずで離婚。そうした経験もあって、「母に頼ることなく、一人の大人として仕事を始めよう」と一念発起。380円のチャーハンをランチにしている姿などがオンエアされた。

「改心したところをアピールして、仕事につなげたいのでしょう」と、業界通の放送作家がこう言う。

「華子はもともとサンミュージックに所属していたのですが、2016年に小栗旬や綾野剛らのいるトライストーン・エンタテイメントへ移籍。多岐川裕美の名前に頼らず、ゼロからの再スタートとして、芸名を多岐川華子から今の華子に変えたんです。とはいえ、トライストーンは多岐川裕美がいろいろあって、先に移籍していることで知られています。華子はそうした母のツテで同じ事務所に所属しているんです。母娘そろっての再スタートというのが正確かもしれません」

 独立や移籍で苦労しているのは、SMAPだけじゃないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る