2世タレント華子 「多岐川」なしで再出発の裏に母の存在

公開日: 更新日:

 多岐川裕美(66)の長女でタレントの華子(28)がテレビのバラエティー番組で週3日、不動産会社の事務として朝10時から夕方6時まで働いていたことを明かして話題だ。

 裕福に育ち、「世間知らずのお嬢さま」として知られていたが、故・松方弘樹さんを父に持つタレント仁科克基と結婚するも2年足らずで離婚。そうした経験もあって、「母に頼ることなく、一人の大人として仕事を始めよう」と一念発起。380円のチャーハンをランチにしている姿などがオンエアされた。

「改心したところをアピールして、仕事につなげたいのでしょう」と、業界通の放送作家がこう言う。

「華子はもともとサンミュージックに所属していたのですが、2016年に小栗旬や綾野剛らのいるトライストーン・エンタテイメントへ移籍。多岐川裕美の名前に頼らず、ゼロからの再スタートとして、芸名を多岐川華子から今の華子に変えたんです。とはいえ、トライストーンは多岐川裕美がいろいろあって、先に移籍していることで知られています。華子はそうした母のツテで同じ事務所に所属しているんです。母娘そろっての再スタートというのが正確かもしれません」

 独立や移籍で苦労しているのは、SMAPだけじゃないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る