東山紀之はテレ朝に キャスター全局制覇を狙うジャニーズ

公開日: 更新日:

 歌番組は減る一方だし、CDも昔ほどは売れないなか、アイドルの新たな売り込み先としてキャスターに目を付けていたのは、さすが抜け目がないジャニーズ商法というべきか。だが、一体どうやってテレビ局のキャスティングを牛耳っているのか。

「たとえば今回の東山なら、テレ朝で7月クールのドラマ『刑事7人』への出演が決まっている。ドラマ露出で新番組の視聴率への好影響が見込めるとか言って持ち掛けたのではないか。得意のバーターですよ。ジャニーズのキャスター業に先鞭をつけたのは中居正広あたりでしょうか。1本当たれば、2本目、3本目と増やし、中居が人気になれば、次はNEWSの誰々を出しますと、別のタレントを売り込んでいく。ある程度のところまでいったら何かあったときに『中居、引きますよ』などと圧力をかけることもできる。そうやって勢力を拡大した結果が、いまの全局制覇なのです」(民放プロデューサー)

 まさにアメとムチ。だが、東山のキャスター就任には「ジャニーズのキャスター要らない」という批判の声があるのも事実。テレビ局はジャニーズ戦略に追従していると、視聴者にそっぽを向かれる日はそう遠くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る