東山紀之はテレ朝に キャスター全局制覇を狙うジャニーズ

公開日:

 今度は東山紀之(50)である。10月からテレビ朝日系で日曜朝にスタートする新番組「サンデーLIVE」のキャスターに就任することが明らかになった。テレビをつければ、NHK「あさイチ」の井ノ原快彦(41)、日テレ系「NEWS ZERO」の桜井翔(35)、「news every.」の小山慶一郎(33)など報道・情報番組を席巻する勢いのジャニーズ事務所のタレントたち。関係者を取材すると、この裏に周到な戦略が見えてきた。

「キャスターで全局制覇という目標がもう何年も前からジャニーズ幹部の念頭にあります。報道であれ情報バラエティーであれ、全局の報道・情報番組に自分のところのタレントを入れたあとは、曜日ごとに違うタレントを入れたりして、全タレントを使ってしまおうとまで計画している。理由はもちろん、オイシイ仕事だからです。ギャラはそう高くはないのですが、レギュラーでの露出によって、彼らの言葉で言うところの『出てます感』が生まれる。ユニットの宣伝になるし、知名度や好感度も上がってCMなどにもつながります。評判が良ければ、長く続けられるし、ドラマや映画、舞台などに比べて拘束時間も少なく、代役を立てて休暇を取ることもできる。キャスターの仕事は嵐の桜井のように学歴があって頭が良ければそれなりのコメントをするし、頭は並レベルでも素人目線に立てば何とかごまかせるという考えのようです」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る