東山紀之はテレ朝に キャスター全局制覇を狙うジャニーズ

公開日: 更新日:

 今度は東山紀之(50)である。10月からテレビ朝日系で日曜朝にスタートする新番組「サンデーLIVE」のキャスターに就任することが明らかになった。テレビをつければ、NHK「あさイチ」の井ノ原快彦(41)、日テレ系「NEWS ZERO」の桜井翔(35)、「news every.」の小山慶一郎(33)など報道・情報番組を席巻する勢いのジャニーズ事務所のタレントたち。関係者を取材すると、この裏に周到な戦略が見えてきた。

「キャスターで全局制覇という目標がもう何年も前からジャニーズ幹部の念頭にあります。報道であれ情報バラエティーであれ、全局の報道・情報番組に自分のところのタレントを入れたあとは、曜日ごとに違うタレントを入れたりして、全タレントを使ってしまおうとまで計画している。理由はもちろん、オイシイ仕事だからです。ギャラはそう高くはないのですが、レギュラーでの露出によって、彼らの言葉で言うところの『出てます感』が生まれる。ユニットの宣伝になるし、知名度や好感度も上がってCMなどにもつながります。評判が良ければ、長く続けられるし、ドラマや映画、舞台などに比べて拘束時間も少なく、代役を立てて休暇を取ることもできる。キャスターの仕事は嵐の桜井のように学歴があって頭が良ければそれなりのコメントをするし、頭は並レベルでも素人目線に立てば何とかごまかせるという考えのようです」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る