東山紀之はテレ朝に キャスター全局制覇を狙うジャニーズ

公開日: 更新日:

 今度は東山紀之(50)である。10月からテレビ朝日系で日曜朝にスタートする新番組「サンデーLIVE」のキャスターに就任することが明らかになった。テレビをつければ、NHK「あさイチ」の井ノ原快彦(41)、日テレ系「NEWS ZERO」の桜井翔(35)、「news every.」の小山慶一郎(33)など報道・情報番組を席巻する勢いのジャニーズ事務所のタレントたち。関係者を取材すると、この裏に周到な戦略が見えてきた。

「キャスターで全局制覇という目標がもう何年も前からジャニーズ幹部の念頭にあります。報道であれ情報バラエティーであれ、全局の報道・情報番組に自分のところのタレントを入れたあとは、曜日ごとに違うタレントを入れたりして、全タレントを使ってしまおうとまで計画している。理由はもちろん、オイシイ仕事だからです。ギャラはそう高くはないのですが、レギュラーでの露出によって、彼らの言葉で言うところの『出てます感』が生まれる。ユニットの宣伝になるし、知名度や好感度も上がってCMなどにもつながります。評判が良ければ、長く続けられるし、ドラマや映画、舞台などに比べて拘束時間も少なく、代役を立てて休暇を取ることもできる。キャスターの仕事は嵐の桜井のように学歴があって頭が良ければそれなりのコメントをするし、頭は並レベルでも素人目線に立てば何とかごまかせるという考えのようです」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る