• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

竜の神様の像の前で…デューク更家の“謎セミナー”の中身

 六本木の有名人といえばデューク更家(63)。ミッドタウンに住んでいるため頻繁に歩いている姿を見かけられ、道行く人に「ウオーキングやって」と声を掛けられても、嫌がることなく「シュウィンシュウィン」という言葉とともに、両手を上げてオリジナルの健康ウオーキングを披露して人気者になっている。

 腰痛を治すためのウオーキングや、女性向けの若々しく美しさを保つウオーキングなどのセミナーも人気で、時折テレビでそのセレブな生活ぶりも紹介されているが、最近は一風変わったセミナーを主宰しているという。ドラゴンセミナーと呼ばれるそのセミナーでデュークは宗教家のような一面を見せているというのだ。

 参加者のひとりがこう言う。

「デュークさんが信仰する竜の神様の像を祭壇におまつりし、その前でマントラを唱えたり、祝詞をあげたりしています。第3のチャクラを活性化させると一人一人の前に竜王神が現れて願いがかなうとか。熱心な方も多いですよ。デュークさんは教祖さまのようです」

 ウオーキングを続ければ腰痛や痩身に効果は出るかもしれないが、お祈りで財運アップまで期待するのは、ちと虫がいいような気も……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る