自称「プリンス」の下に走ったジャニーズJr.達の熾烈競争

公開日: 更新日:

 2014年に当時15歳の少年にホテルでみだらな行為をした上、スマートフォンで全裸写真を撮った児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)容疑などで警視庁少年育成課に21日までに逮捕された、「社交界のプリンス」を自称し、バラエティー番組にも出演歴のある熊谷裕樹容疑者(32)。逮捕後の報道で、ジャニーズ事務所から続々とジャニーズJrを引き抜いていたことが発覚して大問題になっている。

「昨年6月、自身が経営する芸能プロから男性5人組のアイドルユニットをデビューさせたが、そのうち4人が元Jr。しかし、続々とメンバーが辞めて昨年12月には早くも解散。今回の逮捕を受け、メンバーたちが熊谷容疑者の“毒牙”にかかっていたのではないかとウワサになってます」(芸能記者)

 ユニットのメンバーたちはSNSがNGなジャニーズ時代にはご法度だったツイッターを開設。ネット上での交流が解禁されたため、ジャニーズ時代からのファンも喜んでいたという。しかし、Jrたちが容疑者の下に走った背景には、ジャニーズ内部での熾烈な競争があったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る