• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

泰葉には冷ややかな視線も…驚愕「DV告白会見」の舞台裏

 会見場入り口にはコーヒーのサービスがあったが、取材に来たマスコミのほとんどは素通りし、記帳すらスルーする者もいた。初代林家三平の次女、泰葉(56)が2日に帝国ホテルで開いた記者会見。桜の間は結婚披露宴(最大人数137人)の会場として使われることが多く、シャンデリアで華やかに演出されているが、マスコミの冷めた目線によって空気は寒々としていた。

 泰葉は2007年に離婚した元夫で落語家の春風亭小朝(62)からのDVと、和田アキ子(67)のパワハラ被害を訴え、ともに東京地裁で民事訴訟を起こすと発表した。「帝国ホテルを選んだのは、東京裁判の裁判員の宿泊施設でもあったから。正義の力をお借りしたい」と涙ながらに熱弁し、逆境を乗り切るために笑顔になろうというチャプリン作曲の名曲「スマイル」をピアノを弾きながら歌った。だが、そうした最中に腕を組んでこくりこくりと舟をこいだり、歌の最中に携帯でしゃべる記者もいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る