地方に力を 西川貴教が語る「イナズマロック」誕生秘話

公開日: 更新日:

 28歳で個人事務所を設立し、会社経営のキャリアは20年になる。これほどの実績と知名度を築いたミュージシャン西川貴教(46)でも業界的にはまだ若手だそう。

■“中間管理職”の難しさ

「音楽業界は『ライフシフト』ではありませんが、人生100年時代に向けた働き方をしている職場かもしれません。レコード会社の方以外は基本的にフリーランスの技術者集団なので、70代、80代の先輩たちが元気で現場にいます。最近は子供の頃に僕をテレビで見ていました、なんて言ってくれる平成世代もいて、その分、世代間ギャップも多々あります。昭和世代は直接伝えない若者に不満を感じ、若手は若手で『さっきリプライ(返信)したじゃないすか、効率悪くないすか?』と言う。僕はどちらの意見もわかるんだけど、間をとるのが難しい、まさに中間管理職です。

 とはいえ、LINEは非常に便利ですね。グループ一斉送信で伝え漏れも解消されるし、携帯でどこからでも指示が出せる。僕のスケジュールもみんなが把握して調整してくれるので、効率的に仕事ができています。おかげでジムから出るとスタッフに拉致られて承認や決裁事項を求められることも多々ありますが(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る