ブレーク目前に災難 スマイリーキクチがピンになったワケ

公開日: 更新日:

 さわやかスマイルで毒舌を吐く漫談スタイルのピン芸人、スマイリーキクチさん(45)。最も貧乏だったのは、コンビでデビュー後のブレークしそうなころに、社長に逃げられた時期……。

 ◇  ◇  ◇

 21歳の時、最初はコンビでデビューして半年でテレビの仕事が入り、営業もたくさん入ってたのに、最初に所属した小さな事務所の社長がお金を全部持ち逃げして! ライブの日に、受付に置いてたチケット代とか入れる金庫も持っていなくなっちゃった。僕らの半年分のギャラの未払いが130万円くらい。だからギャラはほとんどもらってないのに、仕事があるからアルバイトする時間もなくて、お金を全然持ってない(笑い)。

 さらに、社長はライブの会場費も踏み倒して池袋にあるワンルームの事務所の家賃も滞納。その時はネタ作りで事務所にいつも泊まってたけど、ある日を境に「家賃〇カ月分滞納」「泥棒」「金返せ」とか貼り紙がされてあって、Vシネマみたいなことが起きましたね~。残ったスタッフの自腹とその直後の稼ぎで全て払いましたよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る