人気絶頂で姿消した「女子十二楽坊」 9年ぶり復活の理由

公開日: 更新日:

 中国の民族楽器を用い、ポップスや現代音楽を演奏する美女集団「女子十二楽坊」が9年ぶりに日本で公演する。2003年に日本デビューし、同年紅白に出場、04年にはビルボードのワールド・ミュージックチャートで11週連続1位を記録し一世を風靡した。

 新たなメンバーも加わり、進化を続ける彼女たちの今を団長で琵琶担当の石娟(シー・ジュエン)氏が語った。

「学生時代からプロとして音楽活動はしていたのですが、十二楽坊に入るとフィールドが世界に変わりました。いわゆるクラシック好き以外の人たちが聴いてくれるのはうれしかった。当時はNHKの紅白も出演させていただいて、38日間で32回公演なんて、アイドルのようなスケジュールだったこともありました」

 そんな人気絶頂だった十二楽坊のブランクの裏には何があったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る