骨折した猿之助の代役を全う 尾上右近“スター誕生”の瞬間

公開日:  更新日:

 スター誕生だ。市川猿之助が公演中に負傷し、新橋演舞場の10月公演「ワンピース」を休演したが、その代役の尾上右近が素晴らしい。歴史的瞬間だ。

「ワンピース」はいうまでもなく人気コミックの劇化で、2015年に猿之助が「スーパー歌舞伎Ⅱ」として上演し大ヒットした(横内謙介脚本・演出、市川猿之助演出)。その再演にあたり、もともと3日のうち1回は昼の部で右近が主演することになっていた。これは若手を育てなければとの思いから、猿之助が松竹と交渉して実現したものだという。だから急な代役で右近は見事に務めたのだが、猿之助の構想が、思わぬ形で素晴らしい結果を出した。

 右近は今年25歳。テレビに出る機会が少ないので、一般的知名度は低いだろうが、大正から戦後にかけての名優、6代目尾上菊五郎のひ孫にあたり、父は清元延寿太夫、母方の祖父は鶴田浩二という血筋だ。尾上菊五郎のもとで修業し、主に女形で舞台に出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る