生き残りに必死 ロンブー淳の受験企画に青学もニンマリか

公開日:

 お笑い芸人の田村淳(43)が来春、青山学院大学を受験することを表明。9月から「偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~」(AbemaTV)の放送を開始。22日、番組で自宅の勉強部屋を公開した。

「本気で合格目指します!」と田村は意気込んでいるが、かなりの勝算あっての堂々発言では、との声が。

「なぜ目標校が青学ピンポイントなのか。全大学共通のセンター試験とか、私学のトップ早稲田・慶応なら分かるけれど、目標として中途半端で、これで落ちたら番組が成立しないし、あのカッコツケの淳さんが負け戦には乗らないはず。合格が“約束”されていて逆算して番組が作られているとしか思えません」(放送関係者)

 ある大学関係者が声を潜めてこう言う。

「今、私学は生き残りに必死で早慶以下のMARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政大のこと)クラスは二極化が進みつつある。その中で青学は箱根駅伝の優勝と原監督効果もあり、“メディア戦略”が目覚ましく、マラソン以外も優秀なスポーツ選手が集まるようになり、受験生増にも貢献した。もし田村が入学した場合の“集客”は織り込み済みでしょう」

 田村にとっても青学に入学できれば学歴コンプレックスを払拭できるため、青学との関係はウィンウィン。田村の桜はゲタ履きか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る