生き残りに必死 ロンブー淳の受験企画に青学もニンマリか

公開日:

 お笑い芸人の田村淳(43)が来春、青山学院大学を受験することを表明。9月から「偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~」(AbemaTV)の放送を開始。22日、番組で自宅の勉強部屋を公開した。

「本気で合格目指します!」と田村は意気込んでいるが、かなりの勝算あっての堂々発言では、との声が。

「なぜ目標校が青学ピンポイントなのか。全大学共通のセンター試験とか、私学のトップ早稲田・慶応なら分かるけれど、目標として中途半端で、これで落ちたら番組が成立しないし、あのカッコツケの淳さんが負け戦には乗らないはず。合格が“約束”されていて逆算して番組が作られているとしか思えません」(放送関係者)

 ある大学関係者が声を潜めてこう言う。

「今、私学は生き残りに必死で早慶以下のMARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政大のこと)クラスは二極化が進みつつある。その中で青学は箱根駅伝の優勝と原監督効果もあり、“メディア戦略”が目覚ましく、マラソン以外も優秀なスポーツ選手が集まるようになり、受験生増にも貢献した。もし田村が入学した場合の“集客”は織り込み済みでしょう」

 田村にとっても青学に入学できれば学歴コンプレックスを払拭できるため、青学との関係はウィンウィン。田村の桜はゲタ履きか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る