櫻井翔ドラマも絶不調…日テレ「視聴率王者」陥落の危機

公開日: 更新日:

「編成が番宣を担当する宣伝部に対しテコ入れ策を指示したのですが、これがめっぽう弱い。『24時間テレビ』のチャリティーマラソンの走者の時もそうでしたが、日頃から付き合いのあるスポーツ紙やテレビ誌の担当記者にさえ情報開示しないご都合主義の対応をしたため、大ヒンシュクを買った。今回も後手後手の宣伝部から有効なプランは出てこない。ドラマのチーフプロデューサー自ら宣伝のアイデアを出しているような状況なんです。

 しかもこんな有事にもかかわらず、“先僕”の宣伝担当は休暇を理由に一切連絡が取れない状況をつくったとか。誠意に欠ける対応にジャニーズ事務所だけでなく、制作スタッフもお怒りモードです。片や『今から――』も宣伝担当から上がってくるのは、振り返り動画や新聞広告などありきたりのアイデアばかり。ドラマ制作経験者も多数いるんですけどね」(別の日テレ関係者)

 今年度も視聴率3冠王が確実視されている日テレ。だが、ドラマの不振や現場の士気が下がるような状況が続くなら、その座から転げ落ちるのはあっという間だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  3. 3

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  4. 4

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  5. 5

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  9. 9

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  10. 10

    皇族の人権と制約 天皇制を支える公人としての特権と義務

もっと見る