「監獄のお姫さま」好調は小泉今日子の“おばちゃん”効果

公開日:

 小泉今日子(51)主演のドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)が順調な滑り出しを見せている。

 火曜10時のいわゆる「逃げ恥」枠で、宮藤官九郎(47)が脚本を手がける「おばちゃん犯罪エンターテインメント」。視聴率は初回、第2話と続けて9.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。初回は放送時間拡大、2回目からは通常に戻るため、落ち込むことが多いが、変わらず視聴者のココロをつかんでいる。

 物語は、女子刑務所に収監されていた小泉今日子、森下愛子(59)、菅野美穂(40)、坂井真紀(47)ら元女囚仲間と看守の満島ひかり(31)らが共謀して、伊勢谷友介(41)演じるイケメン社長を誘拐するところから始まり、次第に彼女たちのプロフィルが明かされる。

 小泉が連発する「なんかワチャワチャしちゃうのよ」や「オバサンって言うな」など、“おばちゃん”ワードは早くも話題になっている。コラムニストの桧山珠美氏がこう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る