「監獄のお姫さま」好調は小泉今日子の“おばちゃん”効果

公開日: 更新日:

 小泉今日子(51)主演のドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)が順調な滑り出しを見せている。

 火曜10時のいわゆる「逃げ恥」枠で、宮藤官九郎(47)が脚本を手がける「おばちゃん犯罪エンターテインメント」。視聴率は初回、第2話と続けて9.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。初回は放送時間拡大、2回目からは通常に戻るため、落ち込むことが多いが、変わらず視聴者のココロをつかんでいる。

 物語は、女子刑務所に収監されていた小泉今日子、森下愛子(59)、菅野美穂(40)、坂井真紀(47)ら元女囚仲間と看守の満島ひかり(31)らが共謀して、伊勢谷友介(41)演じるイケメン社長を誘拐するところから始まり、次第に彼女たちのプロフィルが明かされる。

 小泉が連発する「なんかワチャワチャしちゃうのよ」や「オバサンって言うな」など、“おばちゃん”ワードは早くも話題になっている。コラムニストの桧山珠美氏がこう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

  10. 10

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

もっと見る