• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「先生!」大コケ “脱制服”迫られる広瀬すずの正念場

 これまで主役クラスの映画がことごとくヒットしていた女優の広瀬すず(19)だが、最新作が思わぬズッコケだ。先月28日にヒロイン役を務める「先生!、、、好きになってもいいですか?」が公開されたが、300館以上の大規模公開にもかかわらず公開2日間での興行収入は1億2700万円。週末興行成績は5位スタートと振るわなかったが、その後も週を追うごとに8位、10位と続落……。

 物語は生田斗真(33)演じる高校教師と広瀬演じる女子生徒のコテコテの禁断ラブストーリーながら、「もはや、飽きられてしまった設定なのか、大々的にPR活動をしていたにもかかわらず、関係者にとってはまさかの成績。来週はランク圏外でしょう。最終的には及第点の10億円に届かない数字になりそうです」(映画関係者)。

 広瀬といえば、これまで映画を中心に自身と同年代の高校生役を演じ同世代を中心に男性ファンを獲得してきたが、そろそろ“脱制服”の時期に差しかかっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る