映画「先生!」大コケ “脱制服”迫られる広瀬すずの正念場

公開日: 更新日:

 これまで主役クラスの映画がことごとくヒットしていた女優の広瀬すず(19)だが、最新作が思わぬズッコケだ。先月28日にヒロイン役を務める「先生!、、、好きになってもいいですか?」が公開されたが、300館以上の大規模公開にもかかわらず公開2日間での興行収入は1億2700万円。週末興行成績は5位スタートと振るわなかったが、その後も週を追うごとに8位、10位と続落……。

 物語は生田斗真(33)演じる高校教師と広瀬演じる女子生徒のコテコテの禁断ラブストーリーながら、「もはや、飽きられてしまった設定なのか、大々的にPR活動をしていたにもかかわらず、関係者にとってはまさかの成績。来週はランク圏外でしょう。最終的には及第点の10億円に届かない数字になりそうです」(映画関係者)。

 広瀬といえば、これまで映画を中心に自身と同年代の高校生役を演じ同世代を中心に男性ファンを獲得してきたが、そろそろ“脱制服”の時期に差しかかっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る