• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

美容誌編集長が絶賛 深田恭子が歩んだ「脱・聖女」路線

 13日、美容誌「VoCE」(講談社)が主催する、「BEST COSMETICS AWARDS 2017」にて、女優の深田恭子(35)が「2017年 最も美しい顔」を受賞した。胸元の開いた白いレースのロングドレスに身を包んだ深田は、「ドラマの撮影に入るとここまで色のあるメークをしないので、今日久々に発色の美しい口紅を使っていただいて、それだけで気分が上がります。メークは、年齢が上がってくるとツヤが大事ですね」と語った。

「深田さんはこの1、2年特に人気が高まり、表紙にすると読者の反応がすこぶるいい。彼女の“甘い顔”と“丸みのある体”は、クールビューティーよりもより多くの女性に好まれます。現場でも気さくで女優然としたところがなく、まさに等身大の30代の女性らしさを体現している方です」(VoCE編集長)

 12年の長きにわたって化粧品メーカー・メナードのCMを続けているのも女性の共感力の証しだそうで、20日には写真集も発売が予定されている(写真)。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事