登坂アナ後任は“消去法”で フジ新報道番組のトホホな内幕

公開日:

 元NHKの登坂淳一アナウンサー(46)がキャスター就任前に“降板”したフジテレビの新報道番組「プライムニュース」。新キャスターに同局の島田彩夏アナ(43)と倉田大誠アナ(35)が起用されることが明らかになったが、局内からは不安の声が上がっている。

 フジは宮内正喜社長の肝いりで、現在の報道番組を硬派路線に変更することを決定。“麿”はその目玉になるはずだったが、土壇場でズッコケたことで局内に動揺が走っている。登坂アナに代わる“大物探し”は早々に諦め、局アナから急ピッチで後任の選考を進めてきた。

「局内“エース”の伊藤利尋アナ(45)は春から『とくダネ!』で小倉智昭さんとコンビを組むことが決まっている。4月で入社4年目となる“次世代のエース”宮司愛海アナ(26)を起用し、反町理報道局解説委員長(53)とコンビを組ませる案も浮上しましたが、編成担当から『人気の宮司アナを報道に縛るのはもったいない』とNGが出ました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る