「トドメの接吻」山崎賢人は門脇麦と…キスドラマが話題

公開日:

 キス、キス、キス……毎回、キスの大安売りかと思うほどチュッチュやっている連ドラが話題になっている。日本テレビ系日曜夜の「トドメの接吻(キス)」と、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ「明日の君がもっと好き」の2本だ。

「トドメ――」は主人公のホスト(山崎賢人)が謎の女(門脇麦)にキスされると7日前にタイムリープするという話で、とにかくキスしまくり。

 若手実力派の門脇は、2014年にR18+指定映画「愛の渦」で「地味で真面目そうな容姿ながら、誰よりも性欲が強い女子大生」のヒロイン役をオーディションで勝ち取り、フルヌードの濡れ場シーンも体当たりでやってのけた。それに比べればキスくらいどうってことないのかもしれないが……。

 そんな門脇のキスだが、色っぽくないのが残念!

「明日の君――」はベテラン・井沢満のオリジナル脚本。爽やかな青春ドラマのようなタイトルとは裏腹に、登場人物がそれぞれ闇を抱え、濡れ場もあって目が離せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る