「トドメの接吻」山崎賢人は門脇麦と…キスドラマが話題

公開日:

 キス、キス、キス……毎回、キスの大安売りかと思うほどチュッチュやっている連ドラが話題になっている。日本テレビ系日曜夜の「トドメの接吻(キス)」と、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ「明日の君がもっと好き」の2本だ。

「トドメ――」は主人公のホスト(山崎賢人)が謎の女(門脇麦)にキスされると7日前にタイムリープするという話で、とにかくキスしまくり。

 若手実力派の門脇は、2014年にR18+指定映画「愛の渦」で「地味で真面目そうな容姿ながら、誰よりも性欲が強い女子大生」のヒロイン役をオーディションで勝ち取り、フルヌードの濡れ場シーンも体当たりでやってのけた。それに比べればキスくらいどうってことないのかもしれないが……。

 そんな門脇のキスだが、色っぽくないのが残念!

「明日の君――」はベテラン・井沢満のオリジナル脚本。爽やかな青春ドラマのようなタイトルとは裏腹に、登場人物がそれぞれ闇を抱え、濡れ場もあって目が離せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る