• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

実写ジョジョ主役も…山崎賢人“引っ張りだこ”のジレンマ

 荒木飛呂彦の人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」初の実写作品となる映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」(三池崇史監督、来年夏公開)の発表会見が28日に行われ、イケメン俳優の山崎賢人(22)が主人公の東方仗助を演じることが発表された。

 原作は1987年に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始し単行本は117巻を数え、累計発行部数は9000万部を超える超人気作。山崎は「とにかく頑張るしかなくて、今は仗助に少しでも近づこうと筋トレをしています」と役づくりに励んでいることを明かしたが、早くもネット上ではファンから大ブーイングが起こっている。

 原作の東方仗助は身長185センチでガタイがいいのが特徴だが、山崎は身長178センチでかなりの細身とあって「ひょろひょろ過ぎて無理」「筋肉が足りない」とけちょんけちょん。さらには、仗助はリーゼントで山崎が髪形を再現するかどうかも危惧されている。そして、「実写化にとりあえず山崎出す流れ、ほんまやめろよ」といった辛辣な声が多く上がったが、実は今回の主演は“棚ぼた”だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る