実写ジョジョ主役も…山崎賢人“引っ張りだこ”のジレンマ

公開日:  更新日:

 荒木飛呂彦の人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」初の実写作品となる映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」(三池崇史監督、来年夏公開)の発表会見が28日に行われ、イケメン俳優の山崎賢人(22)が主人公の東方仗助を演じることが発表された。

 原作は1987年に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始し単行本は117巻を数え、累計発行部数は9000万部を超える超人気作。山崎は「とにかく頑張るしかなくて、今は仗助に少しでも近づこうと筋トレをしています」と役づくりに励んでいることを明かしたが、早くもネット上ではファンから大ブーイングが起こっている。

 原作の東方仗助は身長185センチでガタイがいいのが特徴だが、山崎は身長178センチでかなりの細身とあって「ひょろひょろ過ぎて無理」「筋肉が足りない」とけちょんけちょん。さらには、仗助はリーゼントで山崎が髪形を再現するかどうかも危惧されている。そして、「実写化にとりあえず山崎出す流れ、ほんまやめろよ」といった辛辣な声が多く上がったが、実は今回の主演は“棚ぼた”だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る