偏向番組「ニュース女子」 BPO人権委も“人権侵害”と認定

公開日:

 50ページにもわたる分厚い意見書は、改めて、デリケートな案件であることを物語っていた。

 BPO(放送倫理・番組向上機構)の放送人権委員会は8日、沖縄県の基地反対運動を扱った東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の情報バラエティー「ニュース女子」(17年1月2日、9日放送回)について、番組が名前を挙げた人権団体「のりこえねっと」の辛淑玉共同代表に対する名誉毀損の人権侵害アリと認定。同委員会で最も重い「勧告」のジャッジを下した。

「ニュース女子」の同放送回は昨年12月、BPOの放送倫理検証委員会からも「重大な放送倫理違反があった」とお灸を据えられていた。同じ番組が複数のBPO案件になったのは、出家詐欺を取り上げたクローズアップ現代(14年5月14日放送)以来2度目。

 人権委が行ったヒアリングには、MXの考査担当や番組責任者、弁護士らは出席したが、制作会社の「DHCテレビジョン」は欠席したという。MXは今月末での番組打ち切りを発表しており、4月以降はネット配信限定となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る