偏向番組「ニュース女子」 BPO人権委も“人権侵害”と認定

公開日:

 50ページにもわたる分厚い意見書は、改めて、デリケートな案件であることを物語っていた。

 BPO(放送倫理・番組向上機構)の放送人権委員会は8日、沖縄県の基地反対運動を扱った東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の情報バラエティー「ニュース女子」(17年1月2日、9日放送回)について、番組が名前を挙げた人権団体「のりこえねっと」の辛淑玉共同代表に対する名誉毀損の人権侵害アリと認定。同委員会で最も重い「勧告」のジャッジを下した。

「ニュース女子」の同放送回は昨年12月、BPOの放送倫理検証委員会からも「重大な放送倫理違反があった」とお灸を据えられていた。同じ番組が複数のBPO案件になったのは、出家詐欺を取り上げたクローズアップ現代(14年5月14日放送)以来2度目。

 人権委が行ったヒアリングには、MXの考査担当や番組責任者、弁護士らは出席したが、制作会社の「DHCテレビジョン」は欠席したという。MXは今月末での番組打ち切りを発表しており、4月以降はネット配信限定となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る