周囲反対も…カズレーザーと組んだメイプル安藤なつの先見

公開日:  更新日:

 バラエティーだけでなく、今や数々のクイズ番組に引っ張りだこ。一躍人気インテリ芸人の地位を築き上げた「メイプル超合金」のカズレーザー(33)。しかしながら、そんな頭脳派な一面がある一方、バイセクシュアルを公言し、「奇才」「サイコパス」とアダ名を付けられるほど類いまれな変わったキャラの印象も強い。

 だがそんなカズの横に、130キロの“巨女”である相方の安藤なつ(37)がいることで絶妙にバランスが取れたコンビにも見えるから不思議だ。

 人気コンビになった2人の出会いについて知る芸能関係者が語る。

「ピン芸人だった頃のカズのネタはぶっ飛んでるというか変化球すぎるというか、まったく劇場のお客さんには伝わらず、ひたすらスベリ倒していました。でも本人はまったく客席の空気なんか気にしていない。そんな不気味なメンタルの強さから、サイコパスなんてアダ名が付いたんです。周りの芸人たちもカズの頭の良さは認めつつも、人間性が謎すぎて距離を置かざるを得ず、友達もいない年月が続いてました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る