周囲反対も…カズレーザーと組んだメイプル安藤なつの先見

公開日: 更新日:

 バラエティーだけでなく、今や数々のクイズ番組に引っ張りだこ。一躍人気インテリ芸人の地位を築き上げた「メイプル超合金」のカズレーザー(33)。しかしながら、そんな頭脳派な一面がある一方、バイセクシュアルを公言し、「奇才」「サイコパス」とアダ名を付けられるほど類いまれな変わったキャラの印象も強い。

 だがそんなカズの横に、130キロの“巨女”である相方の安藤なつ(37)がいることで絶妙にバランスが取れたコンビにも見えるから不思議だ。

 人気コンビになった2人の出会いについて知る芸能関係者が語る。

「ピン芸人だった頃のカズのネタはぶっ飛んでるというか変化球すぎるというか、まったく劇場のお客さんには伝わらず、ひたすらスベリ倒していました。でも本人はまったく客席の空気なんか気にしていない。そんな不気味なメンタルの強さから、サイコパスなんてアダ名が付いたんです。周りの芸人たちもカズの頭の良さは認めつつも、人間性が謎すぎて距離を置かざるを得ず、友達もいない年月が続いてました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  6. 6

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

もっと見る