たけし“終活”の裏で…さんまは恋も仕事も現役バリバリ

公開日:

 ビートたけしは71歳にして“独立宣言”。タモリ(72)が「笑っていいとも!」を卒業したのが68歳の時。平成のお笑いを30年にわたって牽引してきたビッグ3の両翼が“終活”に入った今、忘れてはならないのが、最後のお笑いモンスター明石家さんま(62)だ。そもそも3人の中で最初に「引退」を口にしたのがさんまだった。

 55歳の時に「60歳で引退」宣言するも、60歳になった途端に撤回。「ミジメなところを見せようと続けている」と話していた。当時のさんまは、それほど自虐的な心境だったのかもしれない。

 2013年、58歳の時にはAV女優の紗倉まなとの食事デートを写真誌に撮られ、お持ち帰りに失敗したことを自虐的に語っていた。それからわずか数日後には、AV女優の優希まことを自宅に宿泊させたところを、半年後には32歳も年下の下着ブランドのモデル兼社長の女性を自宅に泊め、これも撮られ、「ハニートラップや」とミジメな自分をネタにしていた。ところが還暦を過ぎた途端に目撃談はパッタリ。アッチもモンスターのさんまも、寄る年波には勝てないのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る