• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

たけし“終活”の裏で…さんまは恋も仕事も現役バリバリ

 ビートたけしは71歳にして“独立宣言”。タモリ(72)が「笑っていいとも!」を卒業したのが68歳の時。平成のお笑いを30年にわたって牽引してきたビッグ3の両翼が“終活”に入った今、忘れてはならないのが、最後のお笑いモンスター明石家さんま(62)だ。そもそも3人の中で最初に「引退」を口にしたのがさんまだった。

 55歳の時に「60歳で引退」宣言するも、60歳になった途端に撤回。「ミジメなところを見せようと続けている」と話していた。当時のさんまは、それほど自虐的な心境だったのかもしれない。

 2013年、58歳の時にはAV女優の紗倉まなとの食事デートを写真誌に撮られ、お持ち帰りに失敗したことを自虐的に語っていた。それからわずか数日後には、AV女優の優希まことを自宅に宿泊させたところを、半年後には32歳も年下の下着ブランドのモデル兼社長の女性を自宅に泊め、これも撮られ、「ハニートラップや」とミジメな自分をネタにしていた。ところが還暦を過ぎた途端に目撃談はパッタリ。アッチもモンスターのさんまも、寄る年波には勝てないのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る