• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

たけし“終活”の裏で…さんまは恋も仕事も現役バリバリ

 ビートたけしは71歳にして“独立宣言”。タモリ(72)が「笑っていいとも!」を卒業したのが68歳の時。平成のお笑いを30年にわたって牽引してきたビッグ3の両翼が“終活”に入った今、忘れてはならないのが、最後のお笑いモンスター明石家さんま(62)だ。そもそも3人の中で最初に「引退」を口にしたのがさんまだった。

 55歳の時に「60歳で引退」宣言するも、60歳になった途端に撤回。「ミジメなところを見せようと続けている」と話していた。当時のさんまは、それほど自虐的な心境だったのかもしれない。

 2013年、58歳の時にはAV女優の紗倉まなとの食事デートを写真誌に撮られ、お持ち帰りに失敗したことを自虐的に語っていた。それからわずか数日後には、AV女優の優希まことを自宅に宿泊させたところを、半年後には32歳も年下の下着ブランドのモデル兼社長の女性を自宅に泊め、これも撮られ、「ハニートラップや」とミジメな自分をネタにしていた。ところが還暦を過ぎた途端に目撃談はパッタリ。アッチもモンスターのさんまも、寄る年波には勝てないのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事