たけし“終活”の裏で…さんまは恋も仕事も現役バリバリ

公開日:

 ビートたけしは71歳にして“独立宣言”。タモリ(72)が「笑っていいとも!」を卒業したのが68歳の時。平成のお笑いを30年にわたって牽引してきたビッグ3の両翼が“終活”に入った今、忘れてはならないのが、最後のお笑いモンスター明石家さんま(62)だ。そもそも3人の中で最初に「引退」を口にしたのがさんまだった。

 55歳の時に「60歳で引退」宣言するも、60歳になった途端に撤回。「ミジメなところを見せようと続けている」と話していた。当時のさんまは、それほど自虐的な心境だったのかもしれない。

 2013年、58歳の時にはAV女優の紗倉まなとの食事デートを写真誌に撮られ、お持ち帰りに失敗したことを自虐的に語っていた。それからわずか数日後には、AV女優の優希まことを自宅に宿泊させたところを、半年後には32歳も年下の下着ブランドのモデル兼社長の女性を自宅に泊め、これも撮られ、「ハニートラップや」とミジメな自分をネタにしていた。ところが還暦を過ぎた途端に目撃談はパッタリ。アッチもモンスターのさんまも、寄る年波には勝てないのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る