• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

田中大貴は五輪照準 男性局アナ“フリー転身”の理想と現実

 4月末でフジテレビを退社してフリーになる田中大貴アナ(37)。「今後はスポーツの分野でやっていきたい」とコメントしているが、「フリーアナが飽和状態なのに今さら仕事があるのか」(テレビ関係者)といった冷ややかな見方が強い。

 3月末にTBSを退社した安東弘樹アナ(50)に対しても、TBSの武田信二社長(65)は定例社長会見で「退社しても頑張って“超一流の”アナウンサーになっていただきたい」とコメント。「局内では、あれは“完璧なイヤミ”だともっぱらです」(TBS局員)。

 男性アナがフリーの道を選ぶのは今、それほど厳しいのか。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「女子アナの場合は、タレントがMCをつとめる番組アシスタントやリポーターなど“サブ″の仕事がありますが、男性の場合は女性のようにアシスタントという位置づけにはいかず、久米宏さんや宮根誠司さんのように自身が顔になる番組しかポストがありません。起用されれば大きいけれど、なければ露出ゼロもあり得る“ハイリスク・ハイリターン”タイプ。またメインMCになれば重責だけに、元NHKの登坂淳一アナのように身辺問題で降板、白紙になることもあり得ます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る