田中大貴は五輪照準 男性局アナ“フリー転身”の理想と現実

公開日:

 4月末でフジテレビを退社してフリーになる田中大貴アナ(37)。「今後はスポーツの分野でやっていきたい」とコメントしているが、「フリーアナが飽和状態なのに今さら仕事があるのか」(テレビ関係者)といった冷ややかな見方が強い。

 3月末にTBSを退社した安東弘樹アナ(50)に対しても、TBSの武田信二社長(65)は定例社長会見で「退社しても頑張って“超一流の”アナウンサーになっていただきたい」とコメント。「局内では、あれは“完璧なイヤミ”だともっぱらです」(TBS局員)。

 男性アナがフリーの道を選ぶのは今、それほど厳しいのか。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「女子アナの場合は、タレントがMCをつとめる番組アシスタントやリポーターなど“サブ″の仕事がありますが、男性の場合は女性のようにアシスタントという位置づけにはいかず、久米宏さんや宮根誠司さんのように自身が顔になる番組しかポストがありません。起用されれば大きいけれど、なければ露出ゼロもあり得る“ハイリスク・ハイリターン”タイプ。またメインMCになれば重責だけに、元NHKの登坂淳一アナのように身辺問題で降板、白紙になることもあり得ます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る