阪神戦名実況アナから転身 教師になった清水次郎さんは今

公開日:

 今年もプロ野球が開幕。ペナントレースの行方が気になるが、かつて阪神戦の名実況で知られた大阪・朝日放送のスポーツアナがいた。夏の高校野球甲子園大会の実況でも知られた清水次郎さん(46)だ。2年前の6月、「教師を目指す」と退職して話題になったが、さて、今どうしているのか?

■ツカミのうまさは“元アナ”ならでは

 兵庫・西宮市、甲子園球場がある阪神・甲子園駅南口から徒歩20分の県立西宮今津高校。1年生の教室へ行くと、清水さんは現代社会の授業の真っ最中だった。

「不当労働行為とは、使用者が行う労働者の団結権を侵害する行為。やってはいけないことを言います」

 身ぶり手ぶりを交え、チョークで板書しながら取り出したのは、クイズ番組でよく見かける「ピンポンブー」。◯と×のマークが記され、それぞれのボタンを押すと、◯なら「ピンポンピンポン」、×だと「ブー」と鳴る宴会グッズだ。これを使い、生徒に質問を投げる。正解なら◯ボタン、不正解は×を押す。視覚だけでなく、聴覚にもアピールして授業を進めていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る