• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神戦名実況アナから転身 教師になった清水次郎さんは今

 今年もプロ野球が開幕。ペナントレースの行方が気になるが、かつて阪神戦の名実況で知られた大阪・朝日放送のスポーツアナがいた。夏の高校野球甲子園大会の実況でも知られた清水次郎さん(46)だ。2年前の6月、「教師を目指す」と退職して話題になったが、さて、今どうしているのか?

■ツカミのうまさは“元アナ”ならでは

 兵庫・西宮市、甲子園球場がある阪神・甲子園駅南口から徒歩20分の県立西宮今津高校。1年生の教室へ行くと、清水さんは現代社会の授業の真っ最中だった。

「不当労働行為とは、使用者が行う労働者の団結権を侵害する行為。やってはいけないことを言います」

 身ぶり手ぶりを交え、チョークで板書しながら取り出したのは、クイズ番組でよく見かける「ピンポンブー」。◯と×のマークが記され、それぞれのボタンを押すと、◯なら「ピンポンピンポン」、×だと「ブー」と鳴る宴会グッズだ。これを使い、生徒に質問を投げる。正解なら◯ボタン、不正解は×を押す。視覚だけでなく、聴覚にもアピールして授業を進めていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る