平昌五輪でまた株上げた TBS安住アナ“フリー転身”のXデー

公開日:

「TBSの顔」安住紳一郎アナウンサー(44)はフリーになるのか、ならないのか――。

 安住アナの先輩、安東弘樹アナ(50)が3月いっぱいで退社しフリーになることもあり、注目されている。

 安住アナは、平昌五輪フィギュア男子金メダリスト羽生結弦への対応で、またその好感度を上げた。

 同局系「新・情報7daysニュースキャスター」での視聴者から羽生への質問コーナーで「お嫁さんは?」というものを「現役アスリートに聞く質問じゃないものも入ってますから見るだけにしといてください」と、先回りして“スルー”。生放送で臨機応変な対応を見せた安住アナの株がさらに上がっている。

「安住アナは局内では女優や大物のさばき方に定評があり、泉ピン子に沢尻エリカ、ビートたけしらとの安定した絡みは世間も認める通りです。2005年からの『好きな男性アナランキング』では初回から5回連続首位となり、殿堂入り。同局系の年末の看板番組『レコード大賞』の司会も定位置のように続けているし、今や押しも押されもせぬTBSのトップ。安東アナの退職は、そんな安住アナへの嫉妬も動機になっているんじゃないかという噂まであります」(スポーツ紙芸能デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る