平昌五輪でまた株上げた TBS安住アナ“フリー転身”のXデー

公開日:

「TBSの顔」安住紳一郎アナウンサー(44)はフリーになるのか、ならないのか――。

 安住アナの先輩、安東弘樹アナ(50)が3月いっぱいで退社しフリーになることもあり、注目されている。

 安住アナは、平昌五輪フィギュア男子金メダリスト羽生結弦への対応で、またその好感度を上げた。

 同局系「新・情報7daysニュースキャスター」での視聴者から羽生への質問コーナーで「お嫁さんは?」というものを「現役アスリートに聞く質問じゃないものも入ってますから見るだけにしといてください」と、先回りして“スルー”。生放送で臨機応変な対応を見せた安住アナの株がさらに上がっている。

「安住アナは局内では女優や大物のさばき方に定評があり、泉ピン子に沢尻エリカ、ビートたけしらとの安定した絡みは世間も認める通りです。2005年からの『好きな男性アナランキング』では初回から5回連続首位となり、殿堂入り。同局系の年末の看板番組『レコード大賞』の司会も定位置のように続けているし、今や押しも押されもせぬTBSのトップ。安東アナの退職は、そんな安住アナへの嫉妬も動機になっているんじゃないかという噂まであります」(スポーツ紙芸能デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る