てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

誰も信頼できなかった岡村隆史を救った元グラドルの一言

公開日: 更新日:

「他の番組と違って、キュッと心が苦しくなるような、そんな気持ちでレインボーブリッジを22年間渡ってまいりました」(岡村隆史/フジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」3月31日放送)

 ついに「めちゃ×2イケてるッ!」が3月31日の放送をもって、約22年にわたる歴史に終止符を打った。その最終回で、ナインティナインの岡村隆史(47)は、「めちゃイケ」の収録でお台場のフジテレビに向かう時、ワクワクするような気持ちになれたことは一度もなかったと告白した。

 しんどかったり、苦しかったり、痛かったり。常に精神的な負荷がかかっていたと吐露した言葉を今週は取り上げたい。彼が最も心がキュッと苦しくなりながら収録に向かったのは、恐らく2010年11月の復帰回だろう。

 岡村は「めちゃイケ」のエースとして、伝統の枠「土曜8時」を守ってきた。だが、2010年にその無理がたたったのか、体調を崩し長期休養に入った。復帰時期は未定――。もしかしたら、もうテレビで岡村の勇姿が見られなくなるのではないかと思われた。だが、わずか約5カ月で岡村は奇跡の復活を果たしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る