• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

誰も信頼できなかった岡村隆史を救った元グラドルの一言

「他の番組と違って、キュッと心が苦しくなるような、そんな気持ちでレインボーブリッジを22年間渡ってまいりました」(岡村隆史/フジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」3月31日放送)

 ついに「めちゃ×2イケてるッ!」が3月31日の放送をもって、約22年にわたる歴史に終止符を打った。その最終回で、ナインティナインの岡村隆史(47)は、「めちゃイケ」の収録でお台場のフジテレビに向かう時、ワクワクするような気持ちになれたことは一度もなかったと告白した。

 しんどかったり、苦しかったり、痛かったり。常に精神的な負荷がかかっていたと吐露した言葉を今週は取り上げたい。彼が最も心がキュッと苦しくなりながら収録に向かったのは、恐らく2010年11月の復帰回だろう。

 岡村は「めちゃイケ」のエースとして、伝統の枠「土曜8時」を守ってきた。だが、2010年にその無理がたたったのか、体調を崩し長期休養に入った。復帰時期は未定――。もしかしたら、もうテレビで岡村の勇姿が見られなくなるのではないかと思われた。だが、わずか約5カ月で岡村は奇跡の復活を果たしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  10. 10

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

もっと見る