てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「淘汰」に無抵抗主義貫く インパルス板倉はガンジー芸人

公開日: 更新日:

「努力ってトランプで作る塔のようなもので、積み上げるのは非常に神経使うし大変なんですよ。ただ、下の1枚ピンってやっただけで全部崩れ去る」(板倉俊之/テレビ東京「勇者ああああ」3月1日放送)

「芸能界の圧力に対しあらがうことなくじっと耐えている」という“ガンジー芸人”として番組に呼ばれたインパルスの板倉俊之(40)が、昨年のことを思い浮かべながら語った言葉を今週は取り上げたい。

 昨年のことといえば、相方の堤下敦の不祥事だ。6月には睡眠薬を飲んだまま、車を運転したとして書類送検。さらに、わずか4カ月後の10月には、またも車で追突事故を起こしてしまうのだ。相方に足を引っ張られる形で、板倉はいつしか「腐り芸人」と呼ばれるようになった。

「『お笑い』っていう山をみんなで登っていく大会だと思っていたんですよ。みんながスニーカーで登っていく中、僕だけ鉄球がついてた」(テレビ東京「ゴッドタン」2017年10月27日)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  2. 2

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  7. 7

    菅政権ブチ上げ「五輪期間テレワーク」計画に怒りの声噴出

  8. 8

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る