• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

演じなくてもヒーロー 藤岡弘、が貫く生涯未完成のロマン

「国民の常識です! これを知らない日本人は日本人とは認めません」(カズレーザー/テレビ朝日「張り紙パイレーツ!」3月20日放送)

 メイプル超合金のカズレーザーは「藤岡弘、」の芸名に「、」が付いている意味を問われ、「自分は未完成で先があるという思いを込めた」と即答した。「よく知ってるねえ」と柔和に笑う藤岡にカズレーザーが返した言葉を今週は取り上げたい。

 藤岡弘、(72)といえば、「仮面ライダー」の本郷猛を演じたこともまた、「国民の常識」だろう。だが、ヒーローものをやりたいと思っていたわけではなかった。愛媛県の田舎で育った藤岡にとって、一番の刺激だったのは映画。いつしか、その中に入りたいと思うようになり上京。松竹映画でデビューしたが、来る仕事は自分がやりたい役とは違っていた。

 彼が望んでいたのは、アクションだった。そこで選んだのが「仮面ライダー」だったのだ。当時は、スーツアクターなどいない。アクションシーンも自分自身で演じる。望むところだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事