石橋は放送作家に? 番組終了とんねるずのセカンドライフ

公開日: 更新日:

 テレビ界で権勢を誇り続けたとんねるず(石橋貴明、木梨憲武)。それも今となっては昔の話。唯一のレギュラーだった「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)も3月22日をもって終了。最終回で注目を集めたのは2人がエンディングで熱唱した持ち歌「情けねえ」の替え歌だったが……。

「業界内では松田聖子が出演した以上に替え歌の歌詞が話題になった。『この国を滅ぼすなよ』を『バラエティーを滅ぼすなよ』に、そしてラストの『この国をおちょくるなよ』を『フジテレビをおちょくるなよ』に変更して歌い上げた。この演出プランはスタッフにも明かされず本番一発でOKとなったそうです」(芸能プロ関係者)

 こうしたとんねるずのサプライズ演出に対し一部の芸能人やネットは大いに盛り上がった。

「有吉弘行や土田晃之らは自分のツイッターを通じ『ごくろうさま』といった温かいエールを送った。いつもはとんねるずに批判的なネット界も『感動したな』『泣けたよ』と称賛の嵐になったんです。正直、この展開は予想をしていなかった」(制作会社プロデューサー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る