石橋は放送作家に? 番組終了とんねるずのセカンドライフ

公開日:

 テレビ界で権勢を誇り続けたとんねるず(石橋貴明、木梨憲武)。それも今となっては昔の話。唯一のレギュラーだった「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)も3月22日をもって終了。最終回で注目を集めたのは2人がエンディングで熱唱した持ち歌「情けねえ」の替え歌だったが……。

「業界内では松田聖子が出演した以上に替え歌の歌詞が話題になった。『この国を滅ぼすなよ』を『バラエティーを滅ぼすなよ』に、そしてラストの『この国をおちょくるなよ』を『フジテレビをおちょくるなよ』に変更して歌い上げた。この演出プランはスタッフにも明かされず本番一発でOKとなったそうです」(芸能プロ関係者)

 こうしたとんねるずのサプライズ演出に対し一部の芸能人やネットは大いに盛り上がった。

「有吉弘行や土田晃之らは自分のツイッターを通じ『ごくろうさま』といった温かいエールを送った。いつもはとんねるずに批判的なネット界も『感動したな』『泣けたよ』と称賛の嵐になったんです。正直、この展開は予想をしていなかった」(制作会社プロデューサー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る