• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

石橋は放送作家に? 番組終了とんねるずのセカンドライフ

 テレビ界で権勢を誇り続けたとんねるず(石橋貴明、木梨憲武)。それも今となっては昔の話。唯一のレギュラーだった「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)も3月22日をもって終了。最終回で注目を集めたのは2人がエンディングで熱唱した持ち歌「情けねえ」の替え歌だったが……。

「業界内では松田聖子が出演した以上に替え歌の歌詞が話題になった。『この国を滅ぼすなよ』を『バラエティーを滅ぼすなよ』に、そしてラストの『この国をおちょくるなよ』を『フジテレビをおちょくるなよ』に変更して歌い上げた。この演出プランはスタッフにも明かされず本番一発でOKとなったそうです」(芸能プロ関係者)

 こうしたとんねるずのサプライズ演出に対し一部の芸能人やネットは大いに盛り上がった。

「有吉弘行や土田晃之らは自分のツイッターを通じ『ごくろうさま』といった温かいエールを送った。いつもはとんねるずに批判的なネット界も『感動したな』『泣けたよ』と称賛の嵐になったんです。正直、この展開は予想をしていなかった」(制作会社プロデューサー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る